高齢者に対応した住宅ならジュネスライフ(埼玉県さいたま市)。高齢化社会に求められる高齢者専用賃貸住宅です。
専用賃貸住宅のジュネスライフ
ジュネスライフ専用メニュー
シニア専用マンション
高齢者の現状-在宅専用介護の問題点
真のシニア専用住宅とは
高齢者専用住宅のご提案
シニア専用事業のご説明
土地活用のご相談
専用賃貸住宅
高齢者の現状
高齢者人口と生産人工の比較

1990では生産人口3.6人で65歳以上の高齢者を支えていました。

2010年には生産人口1.8人で65歳以上の高齢者を支えることになります。

2025年になると、生産人口1.3人で65歳以上の高齢者を支えることになります。
高齢者の現状 高齢者人口の急増に伴い、要介護高齢者も大幅に増加しています。公共施設である特別老人ホーム等は、入居待ちが一年以上に及んでいる施設もあり、将来需要まで勘案すると完全にパンク状態。厚生省のゴールドプラン等にも盛り込まれているように、高齢者の介護は、今後公共施設介護から在宅介護へ転換せざるを得なくなっています。
施設に頼らなければ、家族に頼るしかない。
在宅介護の問題点

第一に少子化の問題が挙げられます。現在の出生率が続けば、子供の数より高齢期の親の数の方が多くなる時代がやってきます。

次に同居率低下の問題があります。時代の流れとともに生活スタイルや考え方が変化し、同居を好まない親子が増加しています。なかには介護が必要になったら同居しても良いという人もいますが、現実に介護が必要になってから同居しても、負担が大きく互いに不幸な結果になるケースが増加しています。また住宅面積や勤務先の問題、また女性の社会進出など、物理的に同居が不可能なケースもあります。

在宅介護の今後は

ジュネスライフ-トップ
 
ジュネスライフ(埼玉県さいたま市)-プライバシーポリシー
専用賃貸住宅ならジュネスライフ